いつでも!どこでも!好きな時に好きな本を買って読める!子育て中のママに最適です。

電子書籍は立ち読みが出来る作品が多いのでその点が嬉しいです。漫画だと表紙と中の絵が異なる場合も多々あるので自分に合うかどうか購入前に検討することができて重宝しいます。

また書店に足を運ぶことなくWeb上で簡単に購入することが出来るので、子育て中で子供を連れて出掛けるのが大変な時期でも気軽に本を買うことが出来て助かっていました。

手が空いた少しの時間でもスマートフォンがあれば簡単に読書が出来たのでとても便利です。特に昼寝中の子供の隣で横になりながら読めるのが嬉しいです。

ただ、本を置く場所を取らない分少し金銭感覚が鈍くなって沢山買いすぎてしまうので、吟味し購入するようにしています。

電子書籍を使って気付いた、紙の本への愛着

気になっていたレシピ本を、ebook Japanにて、電子書籍で購入しました。電子書籍にした理由は、パソコン画面を開いたままで料理をする時に便利だと思ったためです。また、増えた本の収納に悩んでいたので、これをきっかけに電子書籍ユーザーになれるかと考えたからです。

確かに電子書籍は、場所もとらず、タブレットやスマートフォンを介せば持ち歩きにも便利で、今までの書籍とは大きく違っていました。しかし、いざ使ってみて思ったのは、やはり紙での手触りや使い心地の方が自分には合っているということでした。

レシピ本であれば、作った料理のページに跡がついたり、汚れたりします。それすらも「書籍とともに生活をしている」という実感があり、書籍への愛着がわく要因だったのです。

気に入った本は、電子書籍ではなく紙媒体として手元に残したい。改めて、そう気付かせてくれた出来事でした。

すぐに読める電子書籍

電子書籍は、なんといっても購入後にすぐ読めるところが魅力的です。漫画には関しては、読みやすく画面が移動したり、吹き出しが後から出てきたりするので、アニメを見ている感覚になります。

購入時は、通常の本を買うよりもかなり安いし、楽天ブックスを利用しているのでポイントがたまったりポイントで購入できたりしやす。あと、本棚がかさばることなく端末に整理して保存できるし、防水の端末であればお風呂でも楽しめるため、購入するメリットは大きいと思います。

ただ個人的には目が大変疲れてしまうため、本の方が長時間読みやすいです。

手軽な暇つぶしツール

電子書籍は電車待ちや乗車中の隙間時間によく利用しています。基本的に読むのはマンガ且つ無料で読める作品。有料の続きがあれば購入して読むこともありますが余程のことがなければ購入しません。無料で楽しめる作品がたくさんあるのでどんどん読み漁ります。電子書籍のメリットは手軽に立ち読めることと途中でやめても次からすぐ続きのページにいけること。デメリットは雑誌の電子書籍の場合、スマホの画面では見にくいこと。特に見開きページは電子書籍では読むのが億劫です。

dマガジン知らないと損する利用方法とは?|雑誌読み放題アプリ徹底比較ガイドDM78